更新日:2017/4/21
4/21コパノチャーリー 4/15 コパノピエール !勝ちました!

コパノピエール
14年5月5日生/牡・栗毛/日高町・ヤナガワ牧場産/父ダイワメジャー、母ヒガシリンクス/栗東・宮徹厩舎



               過去の記事を読む>>

<3月25日 阪神4R 6枠12番 川須 栄彦騎手>
芝1400m、3歳未勝利、18頭立て(発走11:25)







<2月13日・小倉3レース・未勝利・芝1200m・コパノピエール・10着>

雪で土曜日のレースが月曜代替え競馬に。リチャードの全弟のピエール、ここはすっきり逃げて楽勝を期待しました。スタートもよく外目の3番手を追走し其の儘直線へ。
藤岡佑介騎手も佐中を見る余裕。いざ追い出すと腰がまだ弱いのか高足を使う走りになり、失速。10着でゴールでした。「いくらか体に余裕がありましが、腰が甘いですね。洋芝の函館、札幌かダートを使ってみませんか?距離は1200で」と祐介君と夕方電話で話しました。「心配した喉は大丈夫。短期放牧して次は舌を縛ってレースしましょう」と、宮調教師。




阪神3R・コパノピエール 13着

2戦目での変わり身を期待しましたが、直線でズルズルと後退…13着に敗れてしまいました。
スタート間際にゲート内でガタガタして、出負け気味のスタート。それでも二の脚は速く、スムーズに好位置の外に付けての追走。2、3番手で直線を向きましたが、そこから弾けませんでした。宮調教師は「距離が少し長いのかもしれません。お兄さんのコパノリチャードのように距離の融通性は効かないように思います。デビュー戦を使った後、気負うようなところも出てしまっていますし、いったん放牧に出して立て直します」。リフレッシュして、その後は1200m戦で仕切り直しです。


















 

   
   

 

 

 

[トップページ]