更新日:2017/4/21
4/21コパノチャーリー 4/15 コパノピエール !勝ちました!

コパノビジン
13年4月8日生/牝・鹿毛/新ひだか町・ヤナガワ牧場産/父ゴールドアリュール、母エポレット/美浦・手塚貴久厩舎



               過去の記事を読む>>

<4月22日 東京8R 2枠3番 内田 博幸騎手>
ダート1600m、4歳以上500万下、15頭立て(発走14:05)







<3月25日 中山7R 7枠12番 M.デムーロ騎手>
ダート1800m、500万下牝、15頭立て(発走13:25)







東京7R・コパノビジン 2着

堅実に上位に食い込んでくれるのはうれしいものの、そろそろ勝ち上がって欲しいコパノビジン。中一週も調教の手は緩めず、鞍上にもルメール騎手を迎えて必勝態勢で臨んだのですが…2着に終わりました。確たる逃げ馬がおらず、展開はスロー。パドックで手塚調教師とも「上手く前目で流れに乗れれば…」と話しましたが、結果的にスタートの芝部分で行き脚が付かず、中団から。向こう正面から3コーナーにかけて早めの進出を試み、直線では先行集団の後ろまで取りつきましたが、前も止まりません。いい脚で伸びてはくれましたが、先に抜け出した勝ち馬に半馬身差まで詰め寄ったところがゴールでした。
「よく伸びてイマスガ、前が止マラナカッタ。もうスコシ前に付けられタラ良かったのデスガ、芝のスタートで行けナカッタ…ゴメンナサイ」とルメール騎手。手塚調教師も「また2着…今回は勝負をかけたのですが…。展開が向きませんでした。きょうは勝ちたかった」と唇を噛みます。「かなり馬が硬くなっているので、短期で放牧をかけて、中山開催の後半→春の東京開催でまた勝負をかけたいですね」というのが手塚調教師の意向。あと一歩のところまで来ているだけに、何とかしてもらいたい!



















 

   
   

 

 

 

[トップページ]