更新日:2017/4/21
4/21コパノチャーリー 4/15 コパノピエール !勝ちました!

コパノチャンス
13年4月27日生/牡・栗毛/新ひだか町・谷岡牧場産/父タイキシャトル、母サクラコールミー/美浦・上原博之厩舎



               過去の記事を読む>>

【3月4日小倉12レース500万下芝1200mコパノチャンス13着】
逃げてたれる競馬に飽きたコパ。
「押さえ差す競馬をしてみよう」と原田騎手に。
良いスタートからすーっと控えて、、、
と思ったら下げすぎて(笑)
最後方から直線さらっと差して来ましたがビューと切れる脚はないですね。
さて、どうするか?




【2月25日、小倉12レース、合馬特別芝1200mコパノチャンス17着】

「逃げてね」とパドックで原田騎手に指示した通りに、押して先頭に。
ペースを落ち着ける
間もなく勝ち馬たちにプレッシャーをかけられ、直線を向くと勝ち馬に交わされ後はズルズルと後退。ブーピーでゴール。連闘でダート1000か芝1200に向かいます。次は好位で差す競馬を試したいな。




中京10R・コパノチャンス 9着

脚元の不安がようやく解消し、5カ月ぶりにターフへ戻ってきたコパノチャンス。能力は足りるはずですが、今回は休み明け。どのくらい頑張れるか、といったところでしたが、スタートをビュッと出て、早くも先頭に。降りしきる雪の中、気持ち良く逃げます。4コーナーで後続を引き付け、直線でも手応えはありましたが、坂を上がって残り150mあたりで後続からドッと来られてしまい、9着のゴールでした。上原調教師は「12キロ増の馬体は成長分もあってのもので、太かったわけではありません。調教でも動いていましたしね。直線では『もしかしたら』と思いましたが…。雪で馬場が緩んだ分、道中でスタミナをロスした感じですね。乾いた馬場なら、もっと粘れたと思います」。まあ、休み明けだったわけですし、ああいう逃げが打てたのは、次回への期待を膨らませるもの。直線の短いコースなら、もっと楽しみです。ただ、このクラスの芝の短距離は、番組自体が少ないことに加え、出走希望馬も多く、出るだけで困難…。そのあたりは頭の痛いところです。ダートも視野に入れて、次戦を考えていかなければいけません。




















 

   
   

 

 

 

[トップページ]