更新日:2017/4/21
4/21コパノチャーリー 4/15 コパノピエール !勝ちました!

コパノディール
13年5月2日生/牝・黒鹿毛/むかわ町・市川牧場産/父エンパイアメーカー、母リスキーディール/美浦・尾形充弘厩舎
               過去の記事を読む>>

《コパノディール》
2017年に崎山厩舎から
尾形厩舎に移転したディール。
心機一転、馬主名義を長男照弘に変更いたします。
長男の勝負服は白一色。
きれいで目立ちます。



<12月10日 中京12R 3枠6番 国分優作騎手>
芝1600m、3歳以上500万下、16頭立て(発走16時10分)

 クラシックへの出走を諦めた2月の終わりに休養入り、7月の休み明け初戦は、強烈な差し脚を披露して、いきなり3着と好走。「これなら!」と思わせてくれたのですが、その後の3戦は芝とダートを交互に使いながら、いずれも2ケタ着順と見る影なし…。「いったいなにがあったんだ?」と思うくらい、急に制裁を欠くようになってしまいました。「状態的には変わらないのですが…」と崎山調教師も首を傾げる始末。精神的なものなのか…うーん、困った。とりあえず今回は、休み明けで3着と好走した時と同じ「中京・芝1600m」という舞台。ここで何かきっかけを掴んでくれるといいのですが…。




京都7R・コパノディール 14着
持ち味の末脚が繰り出されず、不完全燃焼のような競馬が続くコパノディールですが、またもや本来の力を発揮することなく、14着と大敗しました。16頭立ての2番枠とあって、スタートからある程度の位置を取りに行きますが、中団後方まで。結局、内を回りますが、ジョッキーの手は動き通し。当然、脚がたまることはなく、追い出しても伸びることはありません。1200mという距離だとペースが速く、今のディールには忙しいということかもしれませんが…。かと言って、「じゃあ、次は1400mのココへ行こう」と、こちらの意向でレースを選べればいいのですが、このクラスの短距離ダートは出馬ラッシュで簡単に出られません。今後、どうして行くのがいいのか…ちょっと考えないといけませんね。



















 

   
   

 

 

 

[トップページ]