更新日:2017/6/23
6/3コパノリスボン勝ちました!

コパノレヴィーン
14年/牝馬 栗毛/日高町・ヤナガワ牧場産/父 ゴールドアリュール、母 コパノニキータ、母父 ティンバーカントリー/栗東・村山厩舎



               過去の記事を読む>>

<3月26日 阪神6R 枠順未定 秋山 真一郎騎手>
芝1800m、3歳 未勝利 (混合)、13頭立て(発走12:35)







【3月4日阪神1レースダート1800未勝利牝馬 コバノレヴィーン13着】
デビュー戦で砂をかぶり競馬にならなかったレヴィーン。
砂になれさせようと連闘。
スタートから砂を被らない位置の競馬を柴田大地騎手にお願いしました。
「終始、砂を浴びても怯む事はなかったのですが、まだ競馬に慣れていないのか気持ちの持続が長くなく、常に気合をつける形でした、
使いつつ良くなる感じと言っていたのと
あと今度はレースではメンコを外した方が良い」とレース後に話してくれました
真面目に走らない、困った娘です。




【2月25日、阪神3レースダート1200m新馬戦、コパノレヴィーン16着】

パドックでもやる気がないと思うほどゆったりのレヴィーン。川田騎手が騎乗してもゆったり。
返し馬も良かったのに、レースでは外からカットされ砂をかぶると飛び上がりやる気喪失。
離れた最下位でゴール。「気性の悪さが直らないと」と川田騎手。「どうして良いか?」と村山明調教師。「なんとかなるさ」とコパ
連闘で砂をかぶる1800ダートで鍛え直します。























 

   
   

 

 

 

[トップページ]