更新日:2017/4/21
4/21コパノチャーリー 4/15 コパノピエール !勝ちました!

ラブミークン
12年3月24日生/牡・栗毛/新ひだか町・グランド牧場産/父サウスヴィグラス、母オボロヅキ/栗東・田所秀孝厩舎





               過去の記事を読む>>

<2月18日・京都10レース・ダート1200樫原S・ラブミークン・11着>
マリーンの優勝に気を良くして馬券の勝負(笑)。問題のスタートも無難でこれは!と思いましたが展開も向かず、直線までインで我慢の最後方。
勝負を賭けましたが、前も止まらず、数頭交わして11着でゴール・「今日はだめでしたが、また良いレースを考えてみます」と田所調教師。
頑張ってくれています。




京都11R・ラブミークン 6着

一週前登録の時点で、出馬頭数がフルゲートに満たないことが分かり、連闘策に出たラブミークン。課題の
スタートは普通に出たことで「これなら」と期待。しかし、中団後ろのを追走する姿は、反応が鈍いような感じで、ジョッキーの手が動いています。それでも直線は前走のようにインコースの隙間を見つけて伸びて来ます。抜け出た上位2頭には離されてしまったものの、最後まで諦めずに追い上げ、6着でのフィニッシュを果たしました。「掲示板にはあと一歩、及びませんでしたが、やはりゲートをまともに出て、スムーズな競馬ができれば、ここでも大きく崩れません。勝ち切るまでにはワンパンチ足りないように思いますが、チャンスはあります」と、田所調教師はまずまずの感触を得た様子。次回は再来週の京都の1200mを目指します。




<1月28日 京都11R 6枠7番 柴田未崎騎手>
ダート1400m、河原町S、11頭立て(発走15時35分)

 コパノオリジナル、コパノハミルトンに続き、この日に出走する3頭目のラブミークンも先週から連闘での出走。今のJRAは、レース数に対して出走馬が多く、なかなか思うようにレースを使えません。積極的に「出られるレースに出る」というつもりでいないと、いつレースに出られるか分かりません。もちろん、間隔を十分に取ってじっくり狙えばいいのですが、条件馬が「2〜3カ月に1走」では、馬主経済を考えても割に合いません。ラブミークンに関しても、先週のレース直後から、来週の(ラブミークンが出走可能な)レースの登録が少なく、フルゲート割れしそうなのことが分かったため、問題なければ連闘する旨を田所調教師と確認しました。「状態に問題はないので、連闘します。先週の競馬を見る限り、普通にスタートを出れば、このクラスでも何とかなりそう」と田所調教師もある程度の感触は得た様子。レースを使いながらクラスに慣れていってくれれば…。距離の1400mも心配ありませんし、楽しみです。



















 

   
   

 

 

 

[トップページ]