更新日:2017/4/21
4/21コパノチャーリー 4/15 コパノピエール !勝ちました!

コパノリスボン
13年3月14日生/牡・栗毛/新ひだか町・伊藤敏明氏産/父ゴールドアリュール、母バックアタック/栗東・村山明厩舎



               過去の記事を読む>>

【3月12日阪神1000万下ダート1200コパノリスボン6着】

1番ゲートからの競馬が嫌だなと感じた通り、行き場のないレース展開。幸騎手が直線外に出して追い込みましたが、あまらにも後方からで6着がいっぱい。
残念なレースでした。




<2月12日・京都12R・100万下ダート1200m・コパノリスボン・中止>

連続2着の後、短期放牧からの仕切り直しのレース。厩舎サイドも期待を込めて出走させました。スタートは普通に出てそのまま先行策をと思っていましたらじりじり下がって、直線を向くころには川田騎手は馬を止める準備。そのまま競走中止でレースを終了。「大事故になるといけないので」と川田騎手。JRAの発表も「肩は行」。「レース後も、厩舎に戻っても異常なし」と村山調教師から報告を受けて、ほっとしています。すっきりしないなあ(笑)。競馬をしていませんから疲れもなく次は必勝態勢で行きます。



京都8R・コパノリスボン 2着

2017年の初勝利を期待したコパノリスボンでしたが、前回に続いての2着という結果でした。
ゲート内で多少ガタガタしていましたが、出遅れることなく少し離れた中団を楽に追走。3、4コーナーから位置を上げ、直線へ。外目から川田騎手のアクションに応えるように一完歩ずつ前との差を詰めるも、抜け出した勝ち馬はセーフティーリード。完全に前残りの展開の中、際どい2着争いをしぶとく制したところがゴールでした。 川田騎手は「ゴールしてから、フラフラしていました。疲れが出ていますね」。そんな状態でも2着は確保するのですから、このクラスでは力が上ということでしょう。「少し、放牧に出しましょう」と村山調教師は立て直しを図ることを即断。状態が良くなれば、このクラスはいつ勝ち上がってもおかしくありません。改めて期待します。



















 

   
   

 

 

 

[トップページ]