神社への参拝の仕方をご説明いたします。

ライン

まず、服装ですが、神社に祈願をしに行ったり、ご祈祷やお祓いを受けに行ったり、キチンと参拝するなら男性はスーツにネクタイ、女性はパンツルックよりスカートを着用されたほうがよいでしょう。 吉方位旅行などでの旅先では難しいかも知れませんが、カジュアルなものやジーパンなどラフな格好はあまり好ましくありません。

鳥居の前に行ったら軽く会釈して入りましょう。鳥居をくぐると、たいていどこの神社でも手水舎というのがあります。これは、神社にお参りするときには、手を洗い、口をすすいで心と身体を清めるためにあるのです。必ず利用しましょう。





  1. まず右手で柄杓をとり水を汲みます。 最初は左手に水をかけて洗います。
  2. 今度は柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。
  3. もう一度右手に柄杓を持ち替えて、左の手のひらを丸めて水を受けて、それで口をすすぎます。(※ このとき絶対に柄杓に直接、口を付けないように。)
  4. 口をすすぎ終わったら、もう一度水を左手に流す。
  5. 最後は柄杓を両手で持って立てて、残っている水で柄を洗いながら流して、元のところに伏せておく。 手水が終わったら、手と口をハンカチなどで拭く。

では、神殿に向かいましょう。

参道を歩くときは、参道の中央(ど真ん中)を歩くことは避けましょう。 なぜなら、神殿の中央、参道の中央ラインは正中線と呼ばれ一番格が高いところであり、神様の通り道なのです。 神主さんも神殿の中央を横切るときはコクっと頭を下げるのです。 ですから中央ラインは遠慮しましょう。

さあ、神殿の前まで進んだら参拝をしましょう。






二拝、二拍手、一拝 [にはい、にはくしゅ、いっぱい] と覚えましょう。

  1. 神殿の前まで進み、お賽銭箱の一歩手前でまっすぐ正面を向いて背筋を伸ばして立ち、   『お側に参りました』と軽くおじぎをしましょう。(おじぎの角度は四五度くらい)
  2. 一歩進んでお賽銭を入れ、鈴があれば3回鳴らしましょう。
  3. 次に2回、深いおじぎをします。その時、手は膝の前につけるようにします。(二拝)
  4. 両手を伸ばして前に出し、2回、手をたたきます。 (二拍手)
    ●◎ POINT ◎●
    手をたたくとき、まず一旦、両手をあわせてから右手を少し手前に引きます。 左手の中指の第二関節に右手中指の先がくるくらいがちょうど良い。 そのまま2回拍手をしたら、指を元の位置まで戻して揃えてから、神様に自分の住所、名前を言ってお願い事をしましょう。多くを説明しなくても神様はすべてお見通しですし、他の参拝者もいますので手短にすませましょう。 お願い事が終わったら手を下ろします。

  5. そしてもう一度、ゆっくりと深いおじぎをしましょう。 (一拝) 
       (参拝の仕方を二拝二拍手一拝と覚えましょう。) 
  6. 下がるときは『お側を失礼いたします。』と心でいって軽くおじぎをすると良いでしょう。

さあこれであなたも正式な参拝の作法がおわかりになったでしょう。 

つぎに神社に参拝したときにご祈祷やお祓いを受けることがありますね。 そのときは神主さんに祝詞を奏上していただきます。その後に玉串拝礼というのがあります。
玉串というのは榊の小枝に紙を切って作った紙垂というのをつけた、神様にお供えするものです。玉串拝礼も参拝の仕方と同じですが覚えておくとご祈祷の時に役立ちます。




  1. 神主や巫女さんから玉串を受け取るときは、右手で榊の根本を、左手で中程を持つ。
  2. 玉串をのせる台(玉串案という)の前まで進む。そして軽くおじぎをする。
  3. 玉串を顔の前まであげて、祈りを込めます。
  4. 玉串を胸の高さまで下げ、時計回りにグルリと回して根本を神前(神様の方)へ向けて玉串案の中央に置きます。
  5. それから、先ほど参拝の仕方で説明したように参拝の作法でお参りします。
    まず、2回、深くおじぎします。 次に2回拍手します。(手をたたきます)
    そして、もう一度ゆっくりと深いおじぎをします。


これが玉串拝礼になります。正式にお参りするときのために覚えておくと良いですね。

 
ライン


以上が神社に参拝するときの主な作法です。


ライン




ご家庭で神棚やお札をおまつりするときはどのようにするかをご説明いたします。

初詣やおまつりに参列してお札をもらってきたのはいいけど、いったいどこにまつればいいのか、迷ってしまう人もいるでしょう。

では、神棚を見てみましょう。
神棚にはお札を納めるところが三つある“三社造り”と、お札を納めるところが一つの“一社造り”があります。


 <三社造りの神棚の場合>

 正面中央が最上位となります。ここには、伊勢の神宮である天照大御神と
 豊受大御神のお札をまつり、向かって右に氏神様、左にあなたの崇敬する
 神社のお札をまつります。


 <一社造りの神棚の場合・何枚か重ねてお札をまつる場合>

 一番手前に天照大御神、次に豊受大御神そして氏神様、崇敬する神社の
 お札の順におまつりします。


 <神棚のない場合>

 タンスや本棚の上に半紙を引いてお札を立てかけます。なるべく清浄なところ
 が好ましい。 マンションなどで上階に人が住んでいる場合は、神棚の上の
 天井に「雲」と書いた紙を貼っておきましょう。神棚やお札の上を人が踏むの
 はとても失礼に当たるからです。


いずれのまつり方にしても、お札や神棚は家の中心にある部屋、もしくは家の
中心から北〜北西〜西の部屋に祀りましょう。さらにその部屋の中でも、部屋
の中心からみて北〜北西〜西に置きましょう。

お米やお塩、お水、お酒をお供えするとさらによいでしょう。
お水は毎日、お米、お塩、お酒は最低でも月に二回(一日と十五日)かえて
差し上げましょう。本来は毎日取り替えるのが作法です。また、初物や頂き
物があればまず、神様にお供えしてからいただくと良いでしょう。


ライン
ライン




神社に祈願に行く時に持参する祈願書の書き方をご説明いたします。

  1. まずは「願ほどき」
    新たな祈願書を書く前に、まずは過去の祈願内容を振り返ります。神様は貴方が祈願した内容をずっと覚えてくださっています。「叶った夢」はお礼をし、「叶わずに諦めてしまう祈願」は「願ほど
    き」をする必要があります。
    祈願書とは別に「願ほどき書」を書きましょう。

    〜願ほどき内容例〜
    ★○○という祈願を成就することができました。ありがとうございました。
    ★祈願いたしました○○につきまして、力及ばず、成就するに至りませんでした。
      神様のお手を煩わせ、お世話をおかけいたしました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
    ★○○という夢に関しましては、自分なりに結論が出ましたので、もう大丈夫です。ありがとうございました。
      また新たな夢を祈願いたしますので、よろしくお願いいたします。

     
  2. 祈願書を書く前に周りの環境と自分の身を清める
    やはり、祈願書を書き始める前には、住まいの掃除・空気の入れ換え・盛り塩の交換・干支の置物の準備などを済ませたのち、入浴をして身を清めてから祈願書に向かうことが理想です。

     
  3. 祈願書は2通書く(今年は2パターン×2)
    書き方に特別な決まり自体はありませんが、住所・氏名・生年月日は必ず記入し、気持ちを込めて”手書きで”書くことが大切です。また、祈願書は基本として同じ物を2通書きます。(今年は2パターン×2通の計4通が理想) 当然、パソコン書きやコピーは不可です。
    祈願を済ませた祈願書は、1通は神棚や机の引き出しなど、大切な物をしまう場所に保管し、もう1通は鞄の中などに入れて携帯します。
    ※今年はA.自分の事、B.自分を含む家族の事や会社の事の2パターンを書きましょう。

 ※ワンポイント  コパ先生は、便箋と封筒の名前の所に落款を押します。




<祈願書記入例>
 

ライン

ライン

夢や目標を持つことが幸せへと近づく第一歩。
文字にして書き記してみると、その夢や目標がぐっと現実的になるのを感じられるでしょう。
祈願を書いた紙を納めた祈願書ホルダーは、指にかけて手のひらに握ることで、より想いが強くなります。

祈願書ホルダーの使い方をご説明
いたします。

 

  1. 付属の祈願書に願い事を書きます。
    まだ字の書けないお子さんがいらっしゃる場合は、ご両親が代わりに書いてあげてください。

     
  2. 祈願書を巻物状にし、ホルダーに納めます。
    祈願書を納めたホルダ・[を手に握り、伊勢の方向に顔を向け、『ありがとうございます。よろしくお願いします』と頭を下げましょう。
    実際に伊勢を参拝する際も同じように手に握り、『神様いつもありがとうございます』と感謝の気持ちをもって祈願しましょう。

     
  3. 出かけるときは祈願書ホルダーを携帯し、常に「願い」をそばに置くようにします。
    「ここ一番!」という時はホルダーを握りしめてパワーをもらいましょう。

     
  4. ご自宅では家の中心や神棚、枕元に置いておきましょう。
    家の中心につるすために壁に釘やピンを打つ際は、粗塩を少し撒いてからにしてください。